【新店舗工事】雷 東京本丸店~笠間焼アートの壁~3⃣笠間焼と稲田石(白御影石)のお話

8月から東京駅構内グランスタにて、

松戸市の中華蕎麦とみ田の直営店”雷 東京本丸店”がオープン致しました。

1⃣完成時2⃣施工の様子3⃣笠間焼について…と、三回に分けてご紹介していきます。

今回の3⃣笠間焼と稲田石(白御影石)のお話では、内装や外壁に使用した焼き物や石について、より詳しくお伝えできればと思います。

 
 

笠間焼とは?

笠間焼(かさまやき)は、江戸時代から茨城県笠間市周辺で作られている陶磁器で、関東では最も古い歴史を持つ焼き物です。

粘りがあり細かい粒子の笠間粘土(蛙目粘土/がいろめねんど)で作られる伝統的な笠間焼は、丈夫なうえに汚れにも強く、台所用品をはじめ日常で使用する器などに多く使われてきました。

そんな歴史の長い笠間焼ですが、面白いことにその最大の特徴は、デザインや色味に一切縛りのない「自由度の高さ」にあります。型にとらわれない、作家ごとの表現の多様性が魅力です。

現代では、全国から取り寄せた土やさまざまな素材・技法で作られ、インテリア用品や芸術作品としてオブジェにも多く用いられています。

質の高さを維持しつつ多彩な表情を見せる焼き物、それが笠間焼です。

 

アート壁

店内を彩るアーティスティックな壁です。


細かく割った笠間焼をランダムに貼り合わせています。


割る前の姿です。


この多種多様な焼き物からあの壁はできています。

欠片の色、形、模様、厚みなどそれぞれ違って面白い仕上がりになっています。

 

赤茶色で波模様の焼き物です。光の当たり方によって光って見えたりもします。

 
 

カウンター

魚料理をのせると丁度良いような皿の焼き物を、カウンターのアクセントにしました。

焼き物の質感が格好良いです。

 

外壁(側面)

 

側面の外壁は、陶芸家・寺本守先生が焼き上げました。

立体感のある作りとなっています。

 

よく見ると、実は柄には繋がりがあります。

 

矢印と番号で、貼る向きと位置が分かるようになっています。

 

これを元に貼りました。

稲田石(白御影石)とは?

稲田石(白御影石)は、茨城県笠間市稲田地区を中心に採掘されている花崗岩(かこうがん)です。日本最大級の採掘量を誇る銘石として知られ、「白い貴婦人」と称されるような品のある白さが特徴となっています。

耐久性に優れた硬い石質、均整の取れた石目の稲田石(白御影石)は、多くの歴史的な建造物に使用されてきました。迎賓館、国会議事堂、東京駅、広島原爆慰霊碑など…

昔から愛される美しい稲田石(白御影石)は、まさに日本を代表する石と言えます。

写真越しでも石の質の良さが分かります。

稲田石(白御影石)と黒御影石を交互に配置しました。

最後に

今回紹介した笠間焼と稲田石(白御影石)は、どちらもとみ田店主の出身地のものです。こだわりがたくさん詰まった店舗のこだわりの部分を、少しでも知ってもらえたら嬉しく思います。

【新店舗工事】雷 東京本丸店~笠間焼アートの壁~2⃣施工編

8月から東京駅構内グランスタにて、

松戸市の中華蕎麦とみ田の直営店”雷 東京本丸店”がオープン致しました。

今回は1⃣完成時2⃣施工の様子3⃣笠間焼について…と、三回に分けてご紹介していきます。

今回の2⃣施工編では、完成までの工程を主に写真でご紹介していきます。


正面の外壁

駅構内の通路の雰囲気に馴染み、なおかつ看板が引き立つ色合いの品のある石で仕上げています。

まず、耐力性と弾力性に優れる変成シリコンエポキシ樹脂接着剤を下地に塗り付け、クシ目ゴテを用いてしっかりクシ目を立てます。

クシ目には、谷の部分から水分や空気などを逃がし、接着剤を均等に被着材に馴染ませる効果があります。下地や被着材の種類によって数種類のクシ目ゴテが利用されます。

全体の高さや幅を考えながら下から貼っていきます。水平になるようにパッキンを入れて調整していきます。少しのズレも上にいくほどに大きく影響してくるので大事な作業です。

天然の石は、石によって凹凸がさまざまで厚みが微妙に違ってくるので、綺麗に合わせるには職人さんの技術が不可欠です。

完成です。


店内の床

波模様の焼き物で、味がある雰囲気に仕上げています。

こちらも接着剤をクシ目ゴテで塗り、柄をわざとランダムに並べます。目地の幅が同じだととても綺麗に見えます。

目地の入れ方は色々ありますが、今回はなるべく焼き物を汚さないやり方で仕上げました。
まず目地砂に軽く水を含ませ、サラサラからパラパラにします。それを目地ゴテで目地に詰め込みます。

目地ゴテで目地の高さを合わせて、周りの目地砂を払って完成です。乾いた目地砂を入れてから水をかけるやり方よりも周りが汚れずに済みました。


アート壁

見ていて飽きないこだわりの壁です。

まずは、皿や壺の焼き物をハンマーで細かく砕きます。壁に貼りやすいように貼る面がなるべく平らになるように割りました。

そのまま使えそうなお皿や面白い形のパーツは、割らずにアクセントとして使いました。

外壁と同じように接着剤を塗り、押さえつけるように並べていきます。

目地がT字路になるように並べると見栄えが良いという法則があるのですが、今回は形も色もバラバラ過ぎてしまい、法則の通りにできない箇所も多々ありました。

それでもこれだけのまとまりが出るのは職人さんのセンスそのものです。

次に絞り袋で目地を詰め、余計な目地剤を指で取りつつ平らにならします。

笠間焼の文字入りの焼き物を入れて完成です。


カウンター周辺・厨房

カウンター周りも厨房も、質と使い勝手にこだわって作りました。

カウンターは、角を合わせて隙間ができないよう設置し、艶消し剤を二度塗りしました。

カウンター下の足置き石は、足と当たる部分の角をなめて(丸くして)、カウンターを支える枠と当たる部分をカットしました。地味ですが大事な作業です。

厨房内の壁に貼ったステンレスや厨房機器には保護シートが貼ってあるので、最後のクリーニング時にはがしていきます。


看板

遠くから見ても目立つ看板です。

看板のイメージを伝えると、担当の方が構造を考えて、薄くてスタイリッシュな看板の提案してくれました。

配線用の穴を開けておいたこのスペースに設置します。

大きな看板なので、LEDの配線をつけながらの設置はなかなか大変でした。


側面の外壁

実はよく見ると凹凸があるデザインになっています。ぜひ実際に見ていただきたい壁です。

側面の壁はランダムに貼っているのではなく、一枚一枚指定の場所に貼っています。パッキンで調整しながら位置を合わせていきます。

目地を入れて完成です。


最後に

人通りの多い駅構内の工事とあって夜間の作業もありました。

工事期間がちょうど緊急事態宣言が出された頃だったのですが、無事に工事が完了でき胸を撫で下ろしています。
そして次の記事では、今回の工事で使った焼き物について書いていきたいと思います。

【新店舗工事】雷 東京本丸店~笠間焼アートの壁~1⃣完成編

8月から東京駅構内グランスタにて、

松戸市の中華蕎麦とみ田の直営店”雷 東京本丸店”がオープン致しました。

今回は1⃣完成時2⃣施工の様子3⃣笠間焼について…と、三回に分けてご紹介していきます。


外観

この看板は裏にLEDライトが内蔵されているため光らせることもできます。

側面の壁はこだわりの焼き物で仕上げています。

外壁の石は駅構内に良く馴染みます。


内観

笠間焼、御影石、天然木を使い、個性的だが落ち着きのある空間となっています。

店内入って左の壁一面は、壺や皿などの笠間焼を様々な大きさで砕きランダムに張ったアートな壁となっています。

床も波模様が入った笠間焼を並べています。

床に敷いてしまうのがもったいないくらいの上品な焼き物です。

壁の右上が四角く開いていますが、この写真撮影時にはまだ焼き上げている途中だった文字入りのタイルが入ります。

艶のあるグラデーションの文字がかっこいいです。


色も大きさも厚みもさまざまで、見ていて飽きません。

近くで見るとより立体感があります。


実はカウンターに並べているのも笠間焼のお皿です。

もちろん一枚一枚手作りなので微妙に模様や大きさが異なっています。

繊細で柔らかい雰囲気と色合いで、木との相性もばっちりです。


カウンターはアフリカンチーク(アサメラ)の無垢一枚板を合わせています。

木目が素晴らしいです。

光の当たり方などで色や艶感の印象が変わるのも面白いです。


現在券売機が置かれている入口の壁と足置き台は、稲田石(御影石)で仕上げています。

今回のカウンター下の鞄入れは大きめに作っています。

大きめバッグの女性の方も多めの荷物の旅行へ行く方も安心して使っていただけると思います。

クッション性のあるイスです。


厨房は今回も(株)フジマック社製を設置しました。

使いやすい動線となっています。

耐久性の良いSUS304を使用しています。


最後に

側面の外壁も一枚一枚が違う柄模様となっています。
右下をよく見ると…

この笠間焼を作ってくださった陶芸家”寺本守先生”のサインがあります。とても素敵な作品ですので、ぜひ直接ご覧になっていただきたいです。


今回も材料や施工にこだわった工事となりました。
そして次の記事ではこの工事の施工について書いていきたいと思います。

【新着工事】雷本店/寄宿舎新築工事〈北松戸〉

 

今回は北松戸にあるラーメン店「雷本店」と2階の寄宿舎の建て替え工事を致しました。

 


建て替え前

松戸 雷 ラーメン カミナリ本店

松戸 雷 ラーメン カミナリ本店

建て替え前の雷本店です。
見た目でも年季が入っていることが分かりますが、中も厨房の汚れや梁のたわみやなど劣化がとても激しかったです。

 


建て替え後松戸 雷 ラーメン オープン

松戸 雷 ラーメン オープン

雷のラーメンは二郎系ですが、建物の外観は北欧風の爽やかな色合いとなっております。黄色い看板がよく目立ちます。

 


松戸 雷 ラーメン オープン

角材を並べたスタイリッシュなベンチを設置しました。

 


松戸 雷 ラーメン 券売機

木の自動ドア、券売機、従業員用出入り口です。
夜間はシャッターで閉めておけます。

 


松戸 雷 ラーメン 店内

松戸 雷 ラーメン 店内

窓側は二重壁になっていて、耐震用の筋交いが見えています。
壁一面には、中華蕎麦とみ田店主が依頼して描いてもらっていた雷オリジナルの絵が描かれています。

 


松戸 雷 ラーメン 店内

こちらの壁は、色々な大きさにカットした木をランダムに並べており立体感があります。

 


松戸 雷 ラーメン 店内

松戸 雷 ラーメン 店内

濃い木のカウンターと水色のタイルが良く合います。
床は石を張っています。

 


松戸 雷 ラーメン 手洗い タイル

松戸 雷 ラーメン トイレ タイル

手洗い場は少しでも広く取れるよう壁をくり抜いてモノクロのタイルで仕上げました。

 


松戸 雷 ラーメン 厨房 フジマック 松戸 雷 ラーメン 厨房 フジマック

松戸 雷 ラーメン 厨房 フジマック

今回もフジマックさんの厨房機器を使用しています。
ダクトがたくさん見えます。給排気がしっかりしているので、熱や匂いがこもりにくくなっています。

 


松戸 雷 寄宿舎 階段

続いて2階の寄宿舎の紹介です。

 


松戸 雷 寄宿舎 共有部分 廊下

松戸 雷 寄宿舎 キッチン

共用部分の廊下、洗面、キッチンです。
シンプルながら使い勝手は良いです。

 


松戸 雷 寄宿舎 窓 松戸 雷 寄宿舎 窓

松戸 雷 寄宿舎 クローゼット

外観を見ても分かるように窓が個性的な配置になっています。

 


松戸 雷 ラーメン 駐車場

右側の赤いポストがあるドアが寄宿舎の出入り口となっています。

 


松戸 雷 ラーメン パーキング

建物の裏側です。
今回看板などをたくさん設置していますが、パーキングを挟んだ隣にある’’株式会社ナショナルアート’’さんにお世話になりました。

 


北松戸 看板 ナショナルアート 雷

大家さんに我が社のパネルを頂きました。
ありがとうございます!