littlebird のすべての投稿

【五霞ラボ】五霞LABO始動!!~井戸掘り編~

 

 

五霞ラボでは完全オフグリッド住宅造りの研究をしていく予定なのですが、今回の井戸掘りはその第一歩となります。

 

オフグリッド(オフ=切る、グリッド=送電網)とは電気の供給を受けずにエネルギーを自給することで、当社独自の無冷暖房システム、太陽光発電、風力発電、エネルギーの蓄電、井戸などがあれば完全オフグリッドの生活ができます。

エネルギーの自給と聞くと大変な設備が必要と思われるかもしれませんが、無冷暖房システムにより冷暖房の為の電気を蓄えなくて済むので蓄電池を小さくでき、発電の為の太陽光発電、風力発電も最小限のもので済んでしまいます。

 

先日の台風では停電や断水が何日も続きましたが、そんな時もオフグリッドの家ではいつもどおりの生活を送れます!

 


井戸掘り ボーリング工法 井戸井戸掘り ボーリング工法 井戸
井戸掘り ボーリング工法 井戸

ボーリング工法という掘り方です。配管の先端に取り付けたビット(ドリルのようなもの)を回転させながら循環水をポンプで注入し掘り進めます。

 

井戸掘り ボーリング工法 井戸

深くなるにつれて掘った所が崩れていきやすくなるため、ベントナイト(崩れ防止液)を混ぜながら掘り進めます。今回は15m掘りました!


 

井戸掘り ボーリング工法 井戸

掘り終わってから井戸さらいをします。泥水を洗浄し、3時間ほど水を出しておくと透明になります。

 


おまけ

五霞ラボの納屋です。

古民家 リノベーション 古い納屋

before
まだ手を加えていない時の写真
ここで作業するには少し荒れすぎです。

古民家 リノベーション 古い納屋 コンクリート

after
物を片付け、地面はコンクリート、出入口にはシャッターを取り付けました。
広々と作業ができそうです!

 

古民家 リノベーション 古い納屋

奥には事務所とデッキを建てる予定です。その横に今回の井戸が造られます。


 

まだ色々と整備が必要な土地ですが、

これからどんなラボになっていくのか楽しみです。

 

【新着工事】雷本店/寄宿舎新築工事〈北松戸〉

 

今回は北松戸にあるラーメン店「雷本店」と2階の寄宿舎の建て替え工事を致しました。

 


建て替え前

松戸 雷 ラーメン カミナリ本店
松戸 雷 ラーメン カミナリ本店

建て替え前の雷本店です。
見た目でも年季が入っていることが分かりますが、中も厨房の汚れや梁のたわみやなど劣化がとても激しかったです。

 


建て替え後松戸 雷 ラーメン オープン

松戸 雷 ラーメン オープン

雷のラーメンは二郎系ですが、建物の外観は北欧風の爽やかな色合いとなっております。黄色い看板がよく目立ちます。

 


松戸 雷 ラーメン オープン

角材を並べたスタイリッシュなベンチを設置しました。

 


松戸 雷 ラーメン 券売機

木の自動ドア、券売機、従業員用出入り口です。
夜間はシャッターで閉めておけます。

 


松戸 雷 ラーメン 店内

松戸 雷 ラーメン 店内

窓側は二重壁になっていて、耐震用の筋交いが見えています。
壁一面には、中華蕎麦とみ田店主が依頼して描いてもらっていた雷オリジナルの絵が描かれています。

 


松戸 雷 ラーメン 店内

こちらの壁は、色々な大きさにカットした木をランダムに並べており立体感があります。

 


松戸 雷 ラーメン 店内

松戸 雷 ラーメン 店内

濃い木のカウンターと水色のタイルが良く合います。
床は石を張っています。

 


松戸 雷 ラーメン 手洗い タイル

松戸 雷 ラーメン トイレ タイル

手洗い場は少しでも広く取れるよう壁をくり抜いてモノクロのタイルで仕上げました。

 


松戸 雷 ラーメン 厨房 フジマック 松戸 雷 ラーメン 厨房 フジマック

松戸 雷 ラーメン 厨房 フジマック

今回もフジマックさんの厨房機器を使用しています。
ダクトがたくさん見えます。給排気がしっかりしているので、熱や匂いがこもりにくくなっています。

 


松戸 雷 寄宿舎 階段

続いて2階の寄宿舎の紹介です。

 


松戸 雷 寄宿舎 共有部分 廊下

松戸 雷 寄宿舎 キッチン

共用部分の廊下、洗面、キッチンです。
シンプルながら使い勝手は良いです。

 


松戸 雷 寄宿舎 窓 松戸 雷 寄宿舎 窓

松戸 雷 寄宿舎 クローゼット

外観を見ても分かるように窓が個性的な配置になっています。

 


松戸 雷 ラーメン 駐車場

右側の赤いポストがあるドアが寄宿舎の出入り口となっています。

 


松戸 雷 ラーメン パーキング

建物の裏側です。
今回看板などをたくさん設置していますが、パーキングを挟んだ隣にある’’株式会社ナショナルアート’’さんにお世話になりました。

 


北松戸 看板 ナショナルアート 雷

大家さんに我が社のパネルを頂きました。
ありがとうございます!

 

【新着依頼】ハモネロ(生ハムホルダー)作製

 

今回は「株式会社 惣左衛門」様よりご依頼を受け、ハモネロ(生ハムをカットする台)を作製致しました。

 


生ハムホルダー 生ハム原木 ケンポナシ ハモネロ
生ハムホルダー 生ハム原木 ケンポナシ ハモネロ

下の台はケンポナシ、支柱はアフリカンウォールナットという材料を使用しております。

 


生ハムホルダー 生ハム原木 ケンポナシ ハモネロ

ケンポナシは木目が美しく、時に楽器や彫刻にも使われる材木です。
また“梨(ナシ)”と付いているだけあって、切断時、甘い香りがします。

 


生ハムホルダー 生ハム原木 ケンポナシ ハモネロ
生ハムホルダー 生ハム原木 ケンポナシ ハモネロ

支柱も良い色合いを出しています。


生ハムホルダー 生ハム原木 ケンポナシ ハモネロ

これは仕上げ前なのですが、それでも木目の綺麗さが分かります。

 


生ハムホルダー 生ハム原木 ケンポナシ ハモネロ

生ハムの原木を・・・

 


生ハムホルダー 生ハム原木 ケンポナシ ハモネロ
生ハムホルダー 生ハム原木 ケンポナシ ハモネロ

このように設置して使用します。

 


 

今回はハモネロの作製を致しました。

大切に使って頂けたら嬉しいです。

 

【新着工事】中華蕎麦 とみ田 改装工事〈松戸〉

 

今回は「中華蕎麦 とみ田」本店の改装工事を致しました。

(新着工事と言いつつ、実は2018年1月には完成しております…> <笑)

木材を店内外でさまざまな使い方をし、温かい《和》の雰囲気に仕上げました。

 


松戸 とみ田 店舗改装
庇は、耐久性・美観性に優れた三洲瓦の銀いぶしを使用しています。
軒先は京花軒瓦(鏡と呼ばれる丸い部分に三つ巴紋が入っている軒瓦)です。

 


和風 鉄平石 木
石張りは緻密で暗緑色で耐圧強度、耐水性に優れた鉄平石を使用しています。

 


三州瓦 軒瓦 庇
三州瓦は良質な三洲土を使っているので、歳月を重ねるごとにやわらかな風合いを増します。

 


のれん のれん受け 木のぬくもり 
のれん受けも味がある木を設置しました。

 


栗のカウンター 縄文杉のカウンター 御影石
床は稲田白御影石(店主の地元の石)を使用しています。

 


組子細工 アクセント壁 下がり壁
下がり壁は、細くカットした木をランダムに並べアクセント壁にしました。

 


照明 トイレドア カウンター
カウンターは木目の美しい栗材の一枚板、その上の付け台は縄文杉の一枚板を使用しています。

 


和風トイレ おしゃれ照明 竹
組子細工の照明を3つ設置しております。
組子の隙間からこぼれ出す温かな光が店内の雰囲気を優しくしてくれています。

 


ウレタン塗装 木のベンチ 細いベンチ
外のベンチは道にはみ出さないよう工夫した形になっています。

 


とみ田 昇り鯉 ガラス
お店の側面には、ラーメンの器にも描かれている昇り鯉がいます。

 


レンジフード とみ田 厨房
レンジフード裏に会社名とステッカーを入れさせて頂きました。ありがとうございます。

 


 

クライアントが希望していた《和》を無垢材や天然石、漆喰、組子細工などで丁寧に作り上げました。

これからもご依頼していただくお客様に満足していただけるような店舗や住宅造りをしていきたいです。

【新着工事】松戸富田麺絆〈東京・丸の内〉

 

東京駅前の商業施設「KITTE丸の内」地下1階に新規オープンしたラーメン店の工事を致しました。

昨年、改装工事を行わせていただいた千葉県松戸市にある本店「中華蕎麦 とみ田」ではをメイン材とし温かい和の雰囲気に仕上げましたが、今回は未来志向の材料として多くの可能性を秘めているステンレスを全体に使用し、和の要素を随所にちりばめました。

機能性や耐久・耐熱性に優れているステンレスをただ使っているだけでなく、ステンレスに様々な質感をつけ内装のデザインとして起用してみました。

 


とみ田 LED看板 松戸富田麺絆

入り口ではLED内臓の側面発光の看板と二匹の昇り鯉が出迎えてくれます。
周りにもたくさんお店が入っているのですが、ギラギラと一際目立ちます。

 


昇り鯉 ガラス ナショナル・アート

躍動感あふれる大きな昇り鯉は、一枚で貼っているかのように見えますが、実は数箇所に継ぎ目があります。

 


ステンレス 内装 KITTE

地下にあるため日光が入らないのですが、照明がステンレスと石に反射してここまでの明るさを出しています。

 


近代的 内装 ラーメン屋

中央の席です。
ラーメン屋さんとは思えない雰囲気です。

 


ステンレス カウンター マット

全28席あり、1席に対して1枚ステンレスのマットが敷いてあります。

 


ステンレス 収納 厨房

中もステンレスで仕上げ、たくさん収納スペースを確保しています。

 


クールな店内 ステンレス ラーメン店

クールな雰囲気ですが、中央の太い柱に後々「写真」や「和」の要素が入り、少しあたたかい印象になります。

 


ヘアライン エンボス ブラスト 鏡面

ステンレスのマットは4種類あり、ランダムに配置しています。
ステンレスの仕上げ方法は、ヘアライン(長い筋目)エンボス(凹凸模様)ブラスト(滑らかなマット感)鏡面(鏡のようにぴかぴか)など色々あります。

 


ステンレス マット ステンレス仕上げ加工

フジマック 厨房機器 ラーメン

厨房機器はフジマックさんの製品を使っています。

 


アクセントシール 桜 ソメイヨシノ シール

完成後にアクセントシールを貼りました。

 


メタリック 桜シール アクセントシール

メタリックなステンレスに暖かい色の桜が引き立ちます。

 


稲田石 御影石 ラーメン屋椅子 石畳

床は、茨城県笠間市の稲田白御影石(本店「中華蕎麦 とみ田」店主の地元の石)を使用しています。固くて丈夫です。
神社仏閣の境内の石畳などによく使われている石です。

 


漆喰壁 天然石 壁

漆喰壁天然石の組み合わせが上品です。

 


天然石 御影石 ショーケース

中央の太い柱も2種類の天然石を使用しています。

 


伝統工芸品 組子細工 江戸つまみかんざし

太い柱の帯には、伝統工芸品の組子細工江戸つまみかんざしを飾りました。

 


つまみかんざし彩野 伝統工芸品 江戸つまみかんざし

素敵です。制作過程のほぼ全て手作業で行っているそうです。
つまみかんざし彩野さんの作品です。

 


組子細工 文様 青海波

組子細工の文様にはそれぞれ意味があります。
青海波Seikaiha)-波が無限の広がりを表し「人々の幸せな暮らしがいつまでも続くように」という願いが込められています。

 


組子細工 文様 胡麻 桜 麻の葉

左から順に、
胡麻Goma)-栄養豊富な胡麻は古来から、不老不死や長生きの薬として用いられてきたことから「お客様の健康と長寿を祈る」という意味があります。
Sakura)-豊作祈願、冨貴繁栄の意味があります。
麻の葉Asanoha)-古来から「麻」は神事に用いられ、三角形にも魔除けの意味があることから、その集合体の「麻の葉」はより強い意味と美しさで日本を代表する文様です。

 


元祖つけ麺 山岸一雄 とみ田

 

今回も手間を惜しまず、ステンレス天然石を使用したこだわりの店舗を作り上げました。

「KITTE丸の内」へ行く機会がありましたら、ぜひ店内の造りも見て頂けたら嬉しく思います。